副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

ITの進化が止まらない・・・毎日のゴミ捨てが変わる時。

f:id:kawateru:20191128192934j:plain

皆さんは1日に何回ゴミ箱に

ゴミを捨てていますか??

 

おやつの袋、鼻をかんだティッシュ、食品の包装のゴミ、ジュースの空き缶、生ごみ等々。

数えてみるときりがありません。

 

何回ゴミ箱のふたを開け閉めしているのでしょうか。

1日10回開ける仮定で約29万回だそうです。

皆さん当たり前のようにゴミ箱のふたを開けてゴミを捨てますよね。

1回のゴミ捨てで数秒だとしても年間で計算すると約14時間もゴミの開け閉めに費やしているそうです。

 

そこでタイトルのITの進化です。

マジで毎日のゴミ捨てが変わります。

 

まずは見てみてください

 

 

ひらけ、ゴミ箱!!自動ゴミ箱のZitA【ジータ】

自動開閉ゴミ箱ZitA【ジータ】のメリット

  • 蓋の自動開閉
  • 耐久性バツグンのステンレス製
  • オシャレなデザイン
  • 蓋がスライド式

 

自動開閉のゴミ箱は最近増えてきていて色々な種類があるんですが、

ZitA【ジータ】のメリットは蓋がスライドで開く!

よくある自動開閉式のゴミ箱だと蓋が上にパカッて開いちゃうんですよね。

何が言いたいかっていうとキッチンカウンターとかの下におけちゃうんです。

普通のだったら上に開くのでカウンターの下とかだとぶつかっちゃったりするんですけど、ZitA【ジータ】はそれがないです。

f:id:kawateru:20191128191821j:plain

出典:https://sakuradome-direct.com/zita/

カウンターの下に置けるのが何よりのメリット。

 

自動開閉ゴミ箱ZitA【ジータ】のレビュー・口コミ

 今までペダルを踏んで開閉するゴミ箱を使っていました。ゴミの日までにゴミ箱がいっぱいになってしまい入りきれず、臭い漏れもひどくて困っていました。ゴミ箱を買い換えるのに探していたところ、ZITAを見つけました。大きすぎるかなぁと思いましたが、実際使ってみるとゴミがたくさんはいるのでホントに便利です。ゴミが入りきれないというストレスがなくなりました。臭い漏れもほとんどないです。何よりごみを捨てるときに横に広がる蓋が便利です。 

 

ストレスフリーのゴミ箱

今までペダルを踏んで蓋が開くゴミ箱を長く使ってましたが、長く使うと、蓋が飛んでしまう頻度が増え、その度に、蓋をセットし直さなくてはならず、ストレスを感じてました。このストレスをなくしたいと思い、購入を思い立ちました。勿論、それは購入後、解消しました。しかし、この製品購入にあたって、もしかしたら、蓋を開ける反応が遅いのでは?音がうるさいのでは?との心配がありました。購入後、そんな心配は無用だったことがわかりました。適切な感度と静かな音に満足しています。デザインもスッキリしていて、とても気に入ってます。

 

こんなゴミ箱探してました。

これまでも自動開閉ゴミ箱使用してましたが、
・電池減り早く、必要本数が多い
・カウンターの下に置きたいがセンサーが反応してしまう
上記に不満がありました。
なので、センサー反応位置調節と電池寿命の点でこちらの商品に行き着きました。
好みとしては四角型のゴミ箱が好みでしたが、丸もゴミ袋の出し入れしやすメリットを発見しました。
またこれまではセンサーに手をかざしゴミを捨てる感じでしたが、こちらはセンサーの上を通り過ぎてゴミを捨てる感じでより一層スムーズにゴミが捨てられます。

 

などなどネット上でも話題に。

皆さんも一度検討してみては?

 

ひらけ、ゴミ箱!!自動ゴミ箱のZitA【ジータ】

【飲食店社員必見】元飲食店マネージャーが教える飲食店のコスト削減方法[第1回]

f:id:kawateru:20191126230201j:plain

今回は飲食店で働いていた経験から、

現在飲食店を経営されている方や店長をされている方にむけて

明日から使える「飲食店の様々なコスト削減方法」を紹介していきます。

 

まず簡単に自己紹介すると

私はイタリアン、肉バル、居酒屋、中華料理など様々な業態に携わり、

マネージャーとして複数店舗の売り上げや経費などを管理していました。

コストカットは売り上げに対すると微々たる変化かもしれませんが、

1年間のトータルで見ると利益金額に大きな差が生まれます。

さらに複数店舗ならかなりの金額になることもあります。

 

 

クレジットカード決済の手数料

f:id:kawateru:20191126230143j:plain

最近ではクレジットカード支払いOKのお店が多くなってきていますが、

ここで見落としがちなのがクレジットカード決済の際の店舗側の手数料です。

導入時にお店とクレジット会社の間で決められる手数料ですが、

飲食店ですとお会計金額の3%~5%を店側がクレジット会社に支払わなければいけません。

たとえ5%でも月にクレジットカードでの支払いが100万円あったとすると5万円も手数料を支払っていることになるので馬鹿にできません。

 

クレジットカードのお客様への手数料請求はNG

気を付けなければいけない点は手数料がかかるからと言って、お客様に手数料を上乗せした金額を請求してはいけません。

クレジット会社との規約違反となります。

 

ではどうすればこの手数料を抑えられるのでしょうか?

QRコード決済の導入

f:id:kawateru:20191126230711j:plain

ペイペイとかメルペイ、LINEペイとかのあれです。

現在ではほとんどのQRコード決済が手数料0円なのでクレジットカードの支払いをQRコードで済ませてもらうことで店側の負担が少なくなります。

新規導入となれば面倒だと思われるかもしれませんが、

新しいことは決済用のQRコードと管理画面のIDの発行ぐらいで、

最初の手続きだけQRコード決済会社としてしまえば簡単です。

 

乱立する決済を一つにまとめる共通QRコード決済【TakeMe Pay】

 

節水用蛇口に変更

f:id:kawateru:20191126230423j:plain

飲食店は1日にかなりの水を消費します。

料理を作るときにも使いますが、食材を洗ったり、洗い物、掃除等々。

特に洗い物はかなりの水を消費しますので洗い場の蛇口だけでも節水使用の物に替えるだけで年間でみると万単位で変わります。

実際に使っていた業者さんです↓

www.nexyz.jp

節水機器のレンタル費用がかかるんですが、それ以上に水道代が下がるのでリスクなしでコストダウンすることができます。

 

消耗品の節約

f:id:kawateru:20191126230530j:plain

割りばしやおしぼりの1本あたりの金額って把握できてますか?

契約の規模にもよって変わってきますが、

 

割りばし 1膳 約2円

レンタルおしぼり 1本 約8~12円

 

特におしぼりは要注意です。

スタッフが掃除とかちょっと手が汚れたからと言って、

新しいおしぼりどんどん使ってたりしますがマジで無駄です。

言っても治らないのでうちは紙のおしぼりにしました。

 

紙おしぼりだと1本2円くらいです。

お客様1人に対しておしぼり一本だとすると

 

1日に100名来店したとして(レンタル8円ー紙おしぼり2円=6円)

100名×30日×6円=18,000円/月

 

かわってくる計算になります。

割りばしもプラスチック箸にしてしまえば最初のコストはかかりますが、

あとは洗って何回でも使えます。

たまに潔癖のお客様がいるので、

割りばしも言われたら出せるようにしといた方が良いです。

 

 

ちょっと長くなってきたので残りはまた次回にします。

私が実践してきたコスト削減方法は

まだまだありますのでまた見てくださいね(=゚ω゚)ノ

【2019年】勉強が苦手な人でも続けられる英語勉強法とは?

f:id:kawateru:20191126084401j:plain

皆さんは英語を学ぶときどのように勉強していますか?

最近ではNetflixなどの動画サービスが増えてきており、海外ドラマやアニメ、映画を使って勉強する人も増えてきています。

映画やドラマでは実際の会話を聞きながら覚えるので生きた英語が身に付きやすく、実際に使える英語を覚えられるなどのメリットがあります。

そこで今回は英語の動画学習について解説していきます。

 

 

なぜ動画学習が良いのか

結論から言いますと

  • 実用的な英語を覚えられる
  • 集中して学習しやすい
  • 学習を継続しやすい

この3点です。

 

実用的な英語を覚えられる

まず「実用的な英語を覚えられる」についてですが、

英語圏の映画やアニメ・ニュースやドラマでは、日常的な表現が多く使われており、書籍などで勉強するよりも生きた英語が身に付きやすいと言えます。

また日常的な表現だけではなく、その国の文化的な背景もともに学ぶことができます。

 

集中して学習しやすい

「集中して学習しやすい」については、

動画そのものに対して興味を得やすく、アニメ・映画などは特に集中力が持続しやすいです。

人間は資格から得る情報の影響が最も大きいと言われており、視覚を刺激することでより集中できるようになります。

また映像はその表情や身振り、手振りから理解の助けにもなります。

私は教科書見てると眠くなったりしますが、動画の場合は全くなかったです。

 

学習の継続しやすさ

「学習の継続しやすさ」ですが

英語力が上達した人のアンケートでこのような結果が有りました。

f:id:kawateru:20191126082028p:plain

学習を継続できなかった理由として「意欲が続かない」とありますが自分の興味のあるアニメや映画だったら問題ないと思いませんか?

「時間がない」についても動画の場合スマホとイヤホンがあれば電車の中でも見れちゃいます。

 

動画で学習するデメリット

「実用的な英語を覚えられる」「集中して学習しやすい」

一方で「レベルが高い」などの不満も多いのが現状です。

また中には聞き取りづらい作品や難しい表現が入っていることもあります。

 

おすすめの動画学習サービス

EEvideo

EEvideoは英語圏の国の映画やアニメ、ニュースなどを使って英語を学習するサービスで、英語に苦手意識がある人でも快適に学べるような機能やサポートを備えています。

 

EEvideoをお勧めする理由

f:id:kawateru:20191126084129p:plain

EEvideoでは動画上に字幕が表示され、英語が苦手な方向けに

字幕上の難しい表現にはルビ

文構造の表示

再生速度の変更

にも対応しています。

 

EEvideoの特徴

EEvideoは基本無料で利用できiPhoneアプリ、Androidアプリ、PCサイトに対応しているので毎日の通学や通勤の隙間時間で勉強できます。

またすべての動画を視聴できるプランは月額1,000円なので、少しやってみて続けられることを確認してから学習できます。

 

スラッシュリーディング

f:id:kawateru:20191126082539p:plain

またEEvideoでは学習サポートとしてスラッシュリーディングを取り入れており、分かりにくい文法なども意味を推測しやすくなります。

スラッシュリーディングは句や節ごとに区切って意味を取ることで複雑な文章もシンプルに読み解くことができます。

最近では日本でも高校の授業に取り入れられたりもしています。

非表示にも対応しているので慣れてきたら非表示にしてレベルアップすることもできます。

 

他の動画サービスとの比較

 

  EEvideo 超字幕 EnglishCentral VoiceTube Digitalcast TED AudioBooks
利用動画 ニュース,映画
アニメ
映画,ドラマ スピーチの一部 等 YouTubeの一部 TEDスピーチ TEDスピーチ,洋曲
動画の長さ 数分~2時間 1~2時間 1分程度 数分が中心 数分~20分 数分~20分
レベル 初級~上級 上級 初~上級 初~上級 中~上級 中~上級
動画上の字幕 ✖(動画外) ✖(動画外) ✖(動画外) ✖(動画外)
再生速度変更
全画面表示 △(字幕なし) △(字幕なし)
日本語訳 ◯(文節ごと) △(一部) △(一部) △(一部)
文構造
ルビ訳
料金 無料
(有料プラン有)
1本3490円
※ダウンロード
無料
(有料プラン有)
無料 無料 無料
PC,スマホ対応 Android非対応 PC非対応
Android非対応
スマホアプリ
非対応

 

他の動画学習サービスとの比較ですが、

見ていただいてわかるように英語字幕と日本語訳以外の学習サポートがほぼなく、ある程度英語がわかる方でないとスムーズに勉強できない作りになっています。

特にルビ訳表示や文節ごとの日本語訳はEEvideoのみの特長ともいえます。

 

まとめ

EEvideo は無料で利用できますが,全動画視聴可能なプランは 30 日 1000 円です。まずは無料の動画を視聴してサービスが自分に合っているかチェックすることをオススメします。

EEvideo無料登録は こちら

 

 

引っ越し費用・料金を安くする方法

f:id:kawateru:20191124102638j:plain

引越しは手続きが大変でお金もかかるし大変ですよね。

家族での引越しだと引っ越し費用だけで10万円くらいかかることも。

 

私が今までで5回ほど引っ越ししてきた経験をもとに引っ越し代を安く済ませる方法について解説していきます。

引っ越しを考えている人や、すでに引っ越しが決まっている人は是非読んでいってください。

 

引っ越し手段の選び方

f:id:kawateru:20191124102346p:plain

引っ越しと一言で言っても方法は様々で、一般的には引っ越し業者に頼むことが多いですが、一人暮らしだと割高になる場合も。

まずは手段ごとのメリット・デメリットを見ていきましょう

引っ越し業者に依頼する

引越し業者に依頼するメリットはプロなので安心ですし、保証がついていることがほとんどなので何かが起きてしまったときでも安心できます。

デメリットとしてはほかに比べるとやはり料金が高くなってしまうこと。

しかし料金を抑える方法もあるので後程紹介していきます。

宅配業者に依頼する

f:id:kawateru:20191124102400p:plain

これはクロネコヤマトとかの宅配業者に依頼する方法です。

運送業者に頼むメリットは引っ越し専門の業者に比べると料金が安い点です。

しかし家族での引越しや、長距離になると金額が高くなることもあります。

デメリットは荷造りや荷解きを全て自分で行う必要があり、大きな家具などがある場合は対応してくれないこともあります。

 

友人に手伝ってもらう

これは知り合いに声をかけてレンタカーを借りて自分たちで引越しするパターンです。

メリットはレンタカー代とガソリン代だけで引越しできてしまうという点。

しかしデメリットとしてすべての作業を自分たちで行う必要があるので、めちゃくちゃしんどいのと、手伝ってもらった人たちにご飯とか奢ったりしてると結局業者に頼んだ方がお得だったりします。

実際に学生の頃に経験済みです(笑)

 

お得な引っ越し業者の選び方

f:id:kawateru:20191124102457p:plain

ここからは引っ越し専門業者に依頼する場合にどうやって選べばいいのか、どうすれば費用を抑えられるのか解説していきます。

経験から言うと大手の引っ越し業者はかなり高いです。

逆に名前も聞いたことないような引っ越し業者はめちゃくちゃ安くて大手の半額くらいの金額でやってくれます。

 

なぜ価格差が生まれるのか

大手の引っ越し業者はCMやキャンペーンなど広告費用にお金をかけていますし、抱えている人員、トラックの数も中小企業の比ではありません。

また万が一の保険やスタッフの研修などにも高い費用をかけています。

当然維持費や人件費もかかってくるので料金が高くなる傾向があります。

 

逆に小さい企業ですと広告はネット上のみの場合が多くトラックやスタッフの数も少ないため、料金が安くなる傾向です。

 

引越し業者の選び方

ではどうやって引っ越し業者選びをすればよいのでしょうか?

複数業者から見積もりを取る

絶対にやってほしいのは複数の業者から見積もりを取る事。

面倒だと思われるかもしれませんが、引っ越し費用は時期や距離、荷物の量で変わってくるので、素人には大体どれくらいの料金なのかという相場が分かりづらく、引っ越し業者の見積もりの方は営業のプロなので料金を吹っかけてくることも多いです。

面倒くさいからと言って1社で決めてしまうと数万円損してしまうこともあります。

価格競争させる

数社から見積もりを取ったら2~3社程度に絞り、1番低い値段の見積もり金額を伝えてそれよりも安い金額にしてもらいます。

引っ越し業者の見積もり金額は基本的に値引きしてくれます。

逆に言うと見積もりの時点では値引きしても大丈夫な金額しか掲示されていないのでしないと損します。

私は実際に見積もり金額より3万円安くしたことがあります。

 

複数の見積もりが面倒だという方は荷物の量を入力すると複数の引っ越し業者の見積もりを一度にやってくれるサイトがあるのでそちらを利用するのもオススメ。

私も過去に「引越し侍 」を3回は使って引っ越ししています。

 

 

引っ越し金額を抑える方法

f:id:kawateru:20191124102518p:plain


ここからはさらに引っ越し料金を抑える方法です。

閑散期を狙う

引っ越しは時期によって大幅に金額が変わってきます。

  • 3月~4月(年度の変わり目なので学生や新社会人などが多く利用する為)
  • ゴールデンウィークなどの長期休み
  • 年末

上記の日程や土日祝日は込み合うので料金も高くなります。

すぐに引っ越しする必要がないのであればこの時期を避けるだけで料金を抑えられます。

繁忙期などの引っ越しを考えている方は特に金額を吹っかけられることがあるので注意が必要です。

フリー便を使う

見積もりの時に午前中か午後の便の希望を聞かれると思いますがこの時間指定をなくすことで料金を安くすることができます。

他の利用者とのスケジュールに合わせやすくなるため業者側からするとフリー便のほうが助かるんです。

まとめ

引っ越し先が決まったらできるだけ早く引っ越し業者を探すようにしましょう。

業者側からしても早めに予約してもらった方が安心なので料金交渉も応じてくれ安くなります。

  • 大手の引っ越し業者は値段が高いが安心
  • 特にこだわりがなければ小さめの業者
  • 大きな家具や荷解きなどが大丈夫であれば宅配業者

というような感じで選ぶとよいでしょう。

一括見積サイト「引越し侍 」もぜひ使ってみてください。