副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

自由を手に入れるためのお金の勉強

f:id:kawateru:20190912155422j:plain

 

いくら働いても働いてもちっとも自由な生活が見えてこない。

そんな人はまずは「お金の基本的な稼ぎ方」を勉強しましょう。

 

 

キャッシュフロー・クワドラント

「金持ち父さん 貧乏父さん」という書籍でロバートキヨサキさんが紹介していますが、お金の稼ぎ方は次の4つのパターンに分類されます。

 

 

f:id:kawateru:20190912160659p:plain

 

E 従業員

S 個人事業主

B ビジネスオーナー

I 投資家

 

この四つのクワドラントのうち会社に勤めて給料をもらっている方はEの従業員となります。

従業員と個人事業主は労働収入に分類され、自分が働くことで収入を得ることができます。

もちろん働くのをやめたら収入は0になります。

 

一方でクワドラント右側のビジネスオーナーと投資家はお金がお金を稼いでくれます。

自分が働かなくてもお金が働いてくれるのです。

 

日本では小さいころにお母さんや、お父さんから「良い大学に入って良い会社に勤めなさい。」と言われてくることが多いので、労働収入が当たり前になってしまっています。

 

この考え方を変えることが自由への近道です。

 

気になった方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

人生の考え方が変わりました。

当たり前だと思っていたことが間違っていた。

 

銀行の預金金利の低下

中には「ちゃんと貯金しなさい」と言われ

ある程度のお金を持っているにもかかわらず銀行に預けているだけの人もいるのではないでしょうか。

 

10年前に年0.400%あった定期預金金利は現在では年0.010%に、普通預金金利は年0.200%から年0.001%にまで下がっています。

f:id:kawateru:20190912154307j:plain

出展(https://www.meigin.com/kojin/unyo/toushin/toushin_about.html

銀行にお金を預けているだけでは資産はほぼ増えません。

 

労働収入では収入に限界があります。

もちろん不動産などの営業職などで1ヶ月で100万円くらい稼ぐ人もいますが自分が働いている以上どこかに限界があるでしょう。

 

いち早く右側のクワドラントを目指しましょう。

 

しかしビジネスオーナーは仕組みを作ってしまえばお金は入ってきますが、実際の場合は経営者として管理する必要があるので時間までは自由になりません。

最終的には投資家を目指しましょう。

投資家と言われれば「ギャンブルみたい、損をしそう」などのイメージがわくかもしれませんが、お金がお金を生み出す仕組みを理解することが大切です。

 

例えば株ですが、株を持っていると配当として年数%の配当金を受け取ることができますし、ものによっては株主優待を受け取ることもできます。

まさにお金がお金を稼いでくれているのです。

 

 

fukupro.hatenablog.com

fukupro.hatenablog.com

 

fukupro.hatenablog.com