副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

【FX用語一覧】初心者が最初に覚えるべき基本的なFX用語

f:id:kawateru:20190919092329j:plain

FXを始めたいといっても「わからない単語がいっぱい出てきて難しそう」ってことありませんか?

今回は副業でFXを始める初心者が最低限覚えておきたい用語を解説していきます。

しっかり確認していきましょう!

 

 

 

副業初心者の為の基礎のFX用語

通貨ペア

FXは通貨を違う国の通貨に交換するので必ず2つの通貨の組み合わせがあり、この組み合わせのことを通貨ペアと呼びます。

通貨ペアを表示する際はアルファベット3文字ずつの計6文字で表示されます。

ドル円の場合 USDJPY または USD/JPY

 

レバレッジ

FXでは自分の預け入れた資金よりも大きな金額の取引を行うことをレバレッジを効かせるといい、利益を倍増させることができますが、損失が出た場合も同様に損失が拡大するリスクもあります。

 

スプレッド

通貨の売る場合の価格「Bid」と買う場合の価格「Ask」の差をスプレッドと呼びます。

FXではこの差が手数料となります。

最近ではスプレッドの幅は狭くなってきており低価格で取引する事ができるようになっています。

 

スワップポイント

FXでは金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買い1日保有しておくと金利差分のを受け取ることができます。逆の場合は支払いが発生します。

ポジション

FXでは取引を行うこと「ポジションを持つ」と言います。

 

必要証拠金

FXで取引を行うときは一定の金額の証拠金を預け入れる必要があります。

最低限預け入れなければならない証拠金を必要証拠金と言います。

個人の場合ですと取引金額の4%以上の証拠金が必要になりますので、

1ドル=100円の時に1万通貨取引する場合は4万円の証拠金が必要になります。

ロスカット

ロスカットとは保有しているポジションの含み損が多くなり必要証拠金を一定額以上割り込んだ場合に強制的に決済されてしまうシステムです。

このシステムのおかげで預け入れた証拠金以上の損失が発生しにくくなっています。

 

 

通貨の表示

FXでは通貨の種類をアルファベット3文字で表記します。

例えば米ドルの場合「USD」日本円であれば「JPY」

初めのうちは混乱するかもしれませんがやっていくうちに一瞬で判断できるようになりますので、自分の取引する銘柄から覚えていきましょう。

USD 米ドル

世界最大の経済力を持つアメリカの通貨であるため基礎通貨として世界中で取引されているので、取引量が圧倒的に多い通貨です。

EUR ユーロ

米ドルに次ぎ世界で2番目に取引量が多い通貨です。

JPY 日本円

取引量はユーロに続き世界3番目に多くアジアの代表通貨と言えるでしょう。

AUD オーストラリアドル(豪ドル)

一般的に豪ドルと呼ばれオージーと呼ばれることもあります。

 

GBP ポンド

英国は欧州の国ですがユーロには加盟せず独自の通貨を利用しています。

CAD カナダドル

カナダドル原油価格の影響を強く受ける通貨の1つです。

 

NZD ニュージーランドドル
TRY トルコリラ
CNH 中国元
ZAR 南アフリカランド
CHF スイスフラン
MXN メキシコペソ

 

ポジポジ病

ポジションを常に持っていないと気が済まない状態の人のことを言います。

相場が見えていないときでもポジションを持ってしまうので損をする場合が多くなるでしょう。「休むも相場」です。

 

 

fukupro.hatenablog.com

 

 

fukupro.hatenablog.com