副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

【飲食店社員必見】元飲食店マネージャーが教える飲食店のコスト削減方法[第2回]

f:id:kawateru:20191127231902j:plain

前回に引き続き今回も飲食店で働いている方向けの

「飲食店のコスト削減方法」について解説していきます。

 

前回の記事はこちら

www.fukupro.work

 

前回は「クレジットカード手数料」「水道代」「消耗品費」

について話しました。

今回も引き続き解説していきます。

 

 

店舗のBGM

店舗でBGMとしてかけているUSENとかですね。

今USEN契約してるよってお店は要注意です。

サービス名 USEN STARDAM MUSICBIRD
初期費用 30,000円 30,000円 30,000円
工事費用 20,000円 20,000円 20,000円
月額費用 4,500円~
6,000円/月
4,500円~
5,000円/月
4,500円~
5,500円まで/月
チャンネル数 500ch以上
(イベント等により変動)
映像8ch + BGM100ch 最大106ch
契約期間 2年 2年 2年
配信方法 光・衛星・ケーブル 衛星 衛星
対応エリア 全国 福島県及び近県
(応相談)
福島県及び近県
(応相談)
備考 スピーカーやアンプ、モニターなどの設備機器については
ご準備を頂くか別途ご案内となります。

 出典:http://www.bgm-navi.com/plan

 BGM配信サービスの有名どころの大体の月額料金です。

大体どこの会社も月額5000円くらいですね。

最近では携帯アプリなんかでスピーカーつないで流してたりするお店もあります。

これだと有料登録しててもせいぜい月額1000円くらいでBGMかけれちゃいます。

しかし著作権とか年々厳しくなってきているので、

そのあたりが気になるという人はチャンネル数を1チャンネルに絞って契約することをお勧めします。

 

無駄に全部のチャンネル聞けたり、10チャンネルぐらい聞けるプランになっていたりということが私が見ていた店舗でも多々ありました。

店舗のBGMなんてほぼ毎日同じチャンネルをかけるので無駄な契約はなくしちゃいましょう。

 

エアコンの設定温度

f:id:kawateru:20191127232025p:plain

これは定番中の定番ですね。

自宅でもされている方多いと思います。

 

エアコンの設定温度をクーラーなら気持ち1~2℃高め

暖房なら1~2℃低めに設定するだけです。

目安はクーラー27℃、暖房は25℃くらいですかね。

 

お客さんに暑い・寒いと指摘されて温度を変えるのはいいと思いますが、

アルバイトが多い店舗は特に、

従業員が勝手に温度設定変えたりすることもしばしば。

 

そこで対策として操作パネルの横に貼り紙を貼ってました。

内容は「設定温度の明記」&「変更時は社員に報告」の一筆だけ。

これだけでほぼ勝手にいじられることはなくなりました。

このとき設定温度をできるだけ目立つように表記しておけば、

本人も気づいてない間にその数字に合わせてたりします(笑)

 

特にランチや深夜営業で営業時間が長めの店舗はかなり光熱費抑えれるので是非実践してみてください。

 

1日に1時間だけ人件費を削る

f:id:kawateru:20191127232111j:plain

人件費を削るというと「忙しいから無理」「アルバイトがかわいそう」とかいう店長、社員がたまにいますが、丸々1人削ったりする必要はありません。

削っても大丈夫なんだったら削った方が良いですが、

1日たった1時間だけでいいんです。

アルバイト数人いるうちの1人を1時間だけ早上がりor遅出勤にするだけです。

地域にもよりますが都市部だと大体時給1000円くらいなので、

1日に誰か一人だけ我慢してもらえば月で3万円もの人件費が浮きます。

 

営業中に休憩を挟む

f:id:kawateru:20191127232219j:plain

先ほどの人件費に続いて別パターンの人件費削減方法です。

ランチタイムやディナータイムのピーク時間を乗り切るために、

ある程度のスタッフ枚数を置いていると思いますが、

飲食店のピークって案外一瞬だったりしませんか?

 

ランチだと12時過ぎからピークが来て13時過ぎたらもう落ち着いていたり。

でも早上がりさせるには早すぎるからとスタッフを残すしかなかったり。

 

そこでピークが落ち着いたら一人ずつ休憩を取らせる制度を作ってました。

ポイントは制度化しちゃうってことです。

時給が1分単位であれば10分休憩でもいいですし、

15分単位や30分単位ならばその時間で休憩を回す。

4人ぐらいアルバイトがいる店舗ならこれだけで

1人15分×4人で1時間分時給が浮いちゃいます。

 

最初は戸惑ったりする子もいるとは思いますが、

1週間も続けていれば定着します。

先ほどのコストカットと合わせると月6万円くらい浮いちゃいます。

あまりアルバイトを使わない経営スタイルの場合は難しいかもしれませんが、是非一度実践してみてください。

 

今回もまたまた長くなってきましたので

今日はこの辺で失礼します('◇')ゞ