副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

コワーキングスペースとは?そもそも何するところなのか?

f:id:kawateru:20191121153111j:plain

最近よく聞く「コワーキングスペース」という言葉。

しかしどういう場所なのか、何をするところなのかわかっていない方も多いのではないでしょうか。

今回はここ数年で急激に増えたコワーキングスペースについて解説していきます。

 

そもそもコワーキングスペースって何?

コワーキングスペースは簡単に言うと「共同で仕事をする場所」です。

他の事業をされている方々と同じ場所で働くことで新しいアイデアが生まれたりと様々なメリットがあります。

 

コワーキングとは企業家や在宅での仕事ができる方、ノマドワーカーなどなど自由な場所で働ける人たちのワークスタイルです。

このコワーキングという働き方を支えるために生まれたのがコワーキングスペースです。

コワーキングスペースには様々な設備が用意されておりそれを共有することで、自分で事務所をかりるよりも経費が削減できたり、利便性を得ることができます。

また様々な業種の方が集まるので他業種の方との交流が生まれたり、情報交換ができたりと色々なメリットがあります。

 

コワーキングスペースで働くメリット

低コストで使える

f:id:kawateru:20190913093228j:plain

例えば何か事業をするとき事務所を借りた場合、都市部の駅近くの物件であれば家賃だけで数十万円しますし、光熱費や通信費などの固定費も数万円かかってしまいます。

固定費だけではなく初めに設備を整えるためにデスクやオフィスチェア、プリンターや通信機器などの初期費用も掛かります。

しかしコワーキングスペースを利用することでこういった設備も共有して利用することができるので初期費用をぐんっと抑えられます。

 

 

ビジネスチャンスが広がる

他業種の人たちや中には同業種の方たちと交流の機会も増えることで新しい事業や情報を得られやすくなります。

町中のカフェで仕事しているだけだとそうはいきませんよね。

コワーキングスペースという場所で作業すると色々な人たちと話す機会が増えるので場合によってはスキルアップやそこからビジネスが生まれたりすることも多々あります。

 

会議室を利用できる

小さな事務所を借りて事業を始めた場合、打合せや会議に使える場所がなく近くのカフェなどですることもあるでしょうが、周りが気になったりそもそも席の確保が難しかったりします。

また重要な会議になると安心して話すことができなくなりますが、その点ほとんどのコワーキングスペースには会議室が用意されていますので、このような悩みはありません。

 

通信設備が整っている

f:id:kawateru:20191121152622p:plain

最近ではカフェなどにもフリーWi-Fiがある場合が多いですが、速度が遅かったり電源が使えないなどのデメリットがあります。

コワーキングスペースでは色々なところにコンセントが有りますしWi-Fi環境も整っています。大体のコワーキングスペースはプリンターも自由に使えます。

 

コワーキングスペースで働くデメリット

作業に集中できない場合がある

f:id:kawateru:20191121153255j:plain



コワーキングスペースは色々な人が利用するのでガヤガヤした雰囲気になってしまう日もあります。

周りが余り気にならない方は大丈夫でしょうが気になる方は、日によって仕事がはかどらないこともあるでしょう。

 

共有設備なのですぐに使えない場合がある

プリンターや会議室などの設備は共有なので込み合っている場合はすぐに使えない場合があります。基本的にはそうならないようにある程度の場所や台数が用意されているので大丈夫だとは思いますが一応頭に入れておきましょう。

 

まとめ

なんとなくイメージつきましたでしょうか?最近は駅近でおしゃれなコワーキングスペースが増えてきているので気になった方は一度調べてみてはいかがでしょうか(^^♪