副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

「成功者の朝習慣」超一流の成功者が実践する習慣・共通点

f:id:kawateru:20191003113247j:plain

世界には超一流と呼ばれる成功者の方々が沢山います。

誰でも成功者になりたいと思うことはあるでしょうが本当に成功者と呼ばれる人になる人はほんの一部の人だけです。

自分には才能がないからできない。なんて初めから諦めていませんか?

少しでも成功者に近づくために今回は成功者の習慣や共通点などを解説していきます。

本当に成功したいと思う人は実践してみて下さい。

 

 

f:id:kawateru:20190912155422j:plain

成功者とは?

成功者の定義は人によって色々あると思いますが、一般的には仕事などで結果を出したり、お金を沢山稼いでいる人のことを言います。

 

成功者の特徴・共通点

信念がある

色々な成功者の方々の発信や行動などを見ていて感じたのは

「信念を持っている」ことです。

周りからなんと言われても反対されてもしっかりと自分の信念に従って行動しています。

 

目標が明確にある

夢や目標がしっかりとある人は道を外れることなく目標に向かってまっすぐ進むことができます。

「いつまでに何をしたいのか」を目標立てるとそれを達成するためにはどうすればいいのか?いつまでに何をすれば達成できるのかと段階立てて目標設定することができるので実現できる可能性がぐっと上がります。

 

行動力がある

物事は考えているだけでは何も変わりません。

世の中の成功者の人たちは目標を立て、考え、行動に移せたからこそ成功者になったのです。

人間は現状維持しようとするようにできています。

何かをしようと思ったとき考えすぎると色々なやらない理由が出てきて諦めやすくなってしまいます。

慎重に行動する事は大事ですがまずは行動してみてはいかがでしょうか?

 

成功者が実践する習慣

早寝早起き

成功者の人の大半は朝早く起きています。

有名な早起きしている成功者は

ジェフ・ベゾス(アマゾンCEO)

ウォーレン・バフェット(投資家)

イーロン・マスク(テスラCEO)

ハワード・シュルツ(スターバックスCEO)←なんと4:30起きらしいです(笑)

スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)

マイケル・ジョーダン(バスケットボール選手)

ロバート・アイガー(ウォルトディズニーCEO)←この人も4:30(笑)

 

ここで挙げたのはほんの一部ですが、誰でも一度は聞いた事あるような人たちじゃないですか?

朝早く起きて何するの?と思われるかもしれませんが、成功者の多くはルーティーンがあります。この朝のルーティーンとはどういったものなのか実際の例を見ていきましょう。

 

運動する

f:id:kawateru:20191101093830j:plain

健康のためなどで仕事終わりにジムに通っているひとは多くいると思いますが、仕事終わりだと仕事が忙しくて疲れた日は今日はやめとこうとなったりしませんか?

急な飲み会に誘われたりすることもありますよね。

ですが朝だとこんなことは起こりませんよね?

何も邪魔が入らない朝のほうが続きやすかったりします。

 

また運動すると酸素が脳内に送り込まれ集中力がアップします。

不安感やイライラを抑える脳内物質が分泌されたりするという研究結果もあるので一石二鳥です。

 

瞑想する

f:id:kawateru:20191101093907j:plain

最近話題の「瞑想」ですが、成功者の人々はこれも習慣にしている人たちが多いです。

瞑想のメリットは「集中力アップ」や「ストレス軽減」など様々です。

これは運動が苦手な人でも簡単に実践することができるので一日数分からでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

一番大事な仕事をする

f:id:kawateru:20190916094826j:plain

多くの成功者は1日の初めにその日一番大事な仕事を終わらせます。

朝は脳の集中力が高くストレスが少ないので結果が出やすいのだとか。

また急に電話がかかってきたりすることもすくないので仕事をこなしやすいです。

 

1日のスケジュールを立てる

f:id:kawateru:20191101093955j:plain

これは前日の夜にしてもいいですが、前もってその日やらなければいけないことなどを計画立ててから行うことで達成率がグンと上がります。

目標を達成するためにしっかりと1日のスケジュールを管理しましょう。

 

まとめ

成功者の多くが実践している朝の習慣について解説してきましたが、いきなり全部ではなく自分が確実にできることを一つずつ習慣化していくことをお勧めします。

まずは行動し継続することが大切です。