副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

辛いもの好きには訳がある!?やみつきになる理由とは?

f:id:kawateru:20191204112052j:plain

 

辛いものが大好きな人は多いと思いますが

なぜ辛いものが好きなのか考えたことはありますか?

 

私も辛いもの好きで2〜3日に1回は辛いものを食べています。

何故か無性に辛いものが食べたくなったりするんですよね。

でも周りの家族や友人は大体辛いもの苦手ってゆーね(´・ω・`)

なので辛いものが食べたくなったら旨辛カップ麺で一人寂しく食べてます(笑)

 

www.fukupro.work

 

実はやみつきになり辛さを欲するのには理由がある事が科学的に証明されているそうです。

今回はその理由について解説していきたいと思います。

 

 

ストレス発散

f:id:kawateru:20191204112108j:plain

人間ってストレスがたまってくると刺激でストレスを発散しようとするそうです。

これは辛いものに限らず、おもいっきり騒いだり、めちゃくちゃお酒を飲んだり色々な刺激を求める事でストレスから身を守ってくれているそう。

この刺激の中でも味覚に直接刺激を与える辛さは、舌に刺激を与えてストレスを発散してくれます。

辛いもの好きの人は身体が本能的に欲してしまっているので、自分では気づかない内にストレスが溜まってしまっているのかも。

 

 

辛さが快感?

f:id:kawateru:20191204112101j:plain

身体は命の危険を脅かす刺激が体内に入った場合、β-エンドルフィンという物質を脳内で出すそう。

このβ-エンドルフィンは痛みを抑える効果と、強い快感をおこして苦痛に耐えられるようにする働きがあり、この強い快感こそが辛いものにやみつきになる原因ともいわれています。

β-エンドルフィンは脳内麻薬と言われているらしい( ゚Д゚)

 

辛いものを食べるとドーパミンが放出される

刺激の強い辛いものを食べた時に、β-エンドルフィンと一緒にドーパミンも放出される。

ドーパミンは聞いたことがある人も多いと思いますが、ドーパミンは別名幸福物質と言われています。

このドーパミンは主に興奮作用をもたらし、モチベーションをアップしたり、やる気や集中力を高めてくれる効果もあります。

このドーパミンとβ-エンドルフィンの放出が知らないうちに快感になっていっているそうです。

 

まとめ

辛いもの好きは、辛いものが苦手な人から見ると理解に苦しむものですが、辛いものを欲するのにはしっかりとした理由があります。

一種の癖のようにもなっているような気がしますが食べ過ぎは胃に負担をかけてしまうのでほどほどにしましょう(; ・`д・´)