副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

【保存版】未経験でエンジニアを目指す!初心者がエンジニアになるには?

f:id:kawateru:20190927025802j:plain

最近ではIT業界特にエンジニアの需要が増えてきています。

インターネットのホームページやスマートフォンのアプリ、ドローンやロボットなどの制御プログラム、AIなどにもエンジニアが必要になり企業も人材確保に力を入れています。

そのため企業によっては未経験OKの求人を出しているところも多くなり、未経験者を採用後に企業内研修で育てる形をとっている企業もあります。

今回は未経験からITエンジニアを目指す方法を解説していきます。

 

①どのエンジニアになりたいか

エンジニアと聞くとアプリを作ったりプログラミングしたりなどをイメージする人が多いと思いますが、一言でエンジニアと言っても種類が沢山あります。

こちらの記事で解説していますので、実際に就職してみたらやりたい事とイメージが違った何てことが無いように自分がどのエンジニアになりたいのか確認しておきましょう。

 

fukupro.hatenablog.com

 

②勉強する言語を決める

未経験からエンジニアになるにはプログラミング言語の勉強が必須ともいえますが、用途によって必要な言語が異なり主要な物だけでも100種類以上あります。

言語によってできることや平均年収なども変わってきますので何を勉強するのかしっかり選びましょう。

 

順位 言語 年収中央値
(万円)
最大提示年収
(万円)
求人数
(件)
1 Go 600 1,600 2,202
2 Scala 600 1,300 1,489
3 Python 575.1 1,499 9,344
4 Kotlin 575 1,200 961
5 TypeScript 575 1,200 667
6 R 574.8 1,000 220
7 Ruby 550 1,200 11,676
8 Swift 550 1,200 3,353
9 Perl 525 1,200 4,509
10 C 525 1,000

9,347

出展(https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0807.html)

 

 

プログラマーなどの下請けの場合は給料が安く、残業なども多いことがある

エンジニアは給料が高いイメージを持っている人が多いですが、下請けの場合は給料が低いだけではなく、納期が近くなれば残業、徹夜などが多い会社もあるので注意が必要です。

 

 

③プログラミングの基礎を学ぶ(勉強方法)

参考書を使って学習する

よくある参考書を読んで独学するパターンです。

プログラミングの参考書はページ数が多いので根気のある人しかおすすめしません。

 

アプリを使って学習する

最近では「Progate」などのプログラミング学習アプリがあるのでそれを使って学習する方法です。一部無料で使えるので一度試してみるのもオススメです。

最初に説明のスレッドが何枚かありその後選択肢から選んでコードを書いていく感じです。ゲーム感覚でプログラミングの基礎が覚えられます。

 

 

動画学習サービスを使って学習する

「ドットインストール」などのウェブ上で動画を見て学ぶ方法です。

動画を見ながら実際にコードを書きながら見ていくことで実際のイメージがつかみやすくなります。

独学で学習するなら一番お勧めです。

 

プログラミングスクールで学ぶ

最近では{}などのプログラミングスクールも増えており、独学だと難しそうな人はスクールに入るのが一番近道かもしれません。

プログラミングスクールの中には、スクール卒業後の転職サポートまでついているところもあるので最初の費用はかかりますが、短期間でエンジニアになることも可能なためすぐにペイできてしまうでしょう。

 

オススメのプログラミングスクール