副業×副収入プロジェクト-FUKUPRO-

元飲食店店長の副業で自由とお金を手にする為の情報サイト

引っ越し費用・料金を安くする方法

f:id:kawateru:20191124102638j:plain

引越しは手続きが大変でお金もかかるし大変ですよね。

家族での引越しだと引っ越し費用だけで10万円くらいかかることも。

 

私が今までで5回ほど引っ越ししてきた経験をもとに引っ越し代を安く済ませる方法について解説していきます。

引っ越しを考えている人や、すでに引っ越しが決まっている人は是非読んでいってください。

 

引っ越し手段の選び方

f:id:kawateru:20191124102346p:plain

引っ越しと一言で言っても方法は様々で、一般的には引っ越し業者に頼むことが多いですが、一人暮らしだと割高になる場合も。

まずは手段ごとのメリット・デメリットを見ていきましょう

引っ越し業者に依頼する

引越し業者に依頼するメリットはプロなので安心ですし、保証がついていることがほとんどなので何かが起きてしまったときでも安心できます。

デメリットとしてはほかに比べるとやはり料金が高くなってしまうこと。

しかし料金を抑える方法もあるので後程紹介していきます。

宅配業者に依頼する

f:id:kawateru:20191124102400p:plain

これはクロネコヤマトとかの宅配業者に依頼する方法です。

運送業者に頼むメリットは引っ越し専門の業者に比べると料金が安い点です。

しかし家族での引越しや、長距離になると金額が高くなることもあります。

デメリットは荷造りや荷解きを全て自分で行う必要があり、大きな家具などがある場合は対応してくれないこともあります。

 

友人に手伝ってもらう

これは知り合いに声をかけてレンタカーを借りて自分たちで引越しするパターンです。

メリットはレンタカー代とガソリン代だけで引越しできてしまうという点。

しかしデメリットとしてすべての作業を自分たちで行う必要があるので、めちゃくちゃしんどいのと、手伝ってもらった人たちにご飯とか奢ったりしてると結局業者に頼んだ方がお得だったりします。

実際に学生の頃に経験済みです(笑)

 

お得な引っ越し業者の選び方

f:id:kawateru:20191124102457p:plain

ここからは引っ越し専門業者に依頼する場合にどうやって選べばいいのか、どうすれば費用を抑えられるのか解説していきます。

経験から言うと大手の引っ越し業者はかなり高いです。

逆に名前も聞いたことないような引っ越し業者はめちゃくちゃ安くて大手の半額くらいの金額でやってくれます。

 

なぜ価格差が生まれるのか

大手の引っ越し業者はCMやキャンペーンなど広告費用にお金をかけていますし、抱えている人員、トラックの数も中小企業の比ではありません。

また万が一の保険やスタッフの研修などにも高い費用をかけています。

当然維持費や人件費もかかってくるので料金が高くなる傾向があります。

 

逆に小さい企業ですと広告はネット上のみの場合が多くトラックやスタッフの数も少ないため、料金が安くなる傾向です。

 

引越し業者の選び方

ではどうやって引っ越し業者選びをすればよいのでしょうか?

複数業者から見積もりを取る

絶対にやってほしいのは複数の業者から見積もりを取る事。

面倒だと思われるかもしれませんが、引っ越し費用は時期や距離、荷物の量で変わってくるので、素人には大体どれくらいの料金なのかという相場が分かりづらく、引っ越し業者の見積もりの方は営業のプロなので料金を吹っかけてくることも多いです。

面倒くさいからと言って1社で決めてしまうと数万円損してしまうこともあります。

価格競争させる

数社から見積もりを取ったら2~3社程度に絞り、1番低い値段の見積もり金額を伝えてそれよりも安い金額にしてもらいます。

引っ越し業者の見積もり金額は基本的に値引きしてくれます。

逆に言うと見積もりの時点では値引きしても大丈夫な金額しか掲示されていないのでしないと損します。

私は実際に見積もり金額より3万円安くしたことがあります。

 

複数の見積もりが面倒だという方は荷物の量を入力すると複数の引っ越し業者の見積もりを一度にやってくれるサイトがあるのでそちらを利用するのもオススメ。

私も過去に「引越し侍 」を3回は使って引っ越ししています。

 

 

引っ越し金額を抑える方法

f:id:kawateru:20191124102518p:plain


ここからはさらに引っ越し料金を抑える方法です。

閑散期を狙う

引っ越しは時期によって大幅に金額が変わってきます。

  • 3月~4月(年度の変わり目なので学生や新社会人などが多く利用する為)
  • ゴールデンウィークなどの長期休み
  • 年末

上記の日程や土日祝日は込み合うので料金も高くなります。

すぐに引っ越しする必要がないのであればこの時期を避けるだけで料金を抑えられます。

繁忙期などの引っ越しを考えている方は特に金額を吹っかけられることがあるので注意が必要です。

フリー便を使う

見積もりの時に午前中か午後の便の希望を聞かれると思いますがこの時間指定をなくすことで料金を安くすることができます。

他の利用者とのスケジュールに合わせやすくなるため業者側からするとフリー便のほうが助かるんです。

まとめ

引っ越し先が決まったらできるだけ早く引っ越し業者を探すようにしましょう。

業者側からしても早めに予約してもらった方が安心なので料金交渉も応じてくれ安くなります。

  • 大手の引っ越し業者は値段が高いが安心
  • 特にこだわりがなければ小さめの業者
  • 大きな家具や荷解きなどが大丈夫であれば宅配業者

というような感じで選ぶとよいでしょう。

一括見積サイト「引越し侍 」もぜひ使ってみてください。